VIO脱毛でツルツル男子を目指そう!

ツルツル男子って知ってますか?

最近、テレビや雑誌で取り上げられているキーワードです。デリケートゾーンはもちろん、全身の体毛をツルツルに処理する男性のことです。特別毛深くない男性でも、ムダ毛が生えていることをツルツルにしてしまう人もいるそうです。

ツルツル男子に欠かせないのが、VIOの脱毛。

陰毛やおしりのムダ毛も脱毛で処理してしまって、見えない部分もツルツルにしてしまいます。

なぜ見えない部分もツルツルにする必要があるのでしょうか?

自分自身満足いくまで脱毛したい

ツルツル男子は、人に見える部分とか見えない部分とか関係ありません。

本当に自己満足の世界で、とにかく体中のムダ毛が自分自身嫌で脱毛したいだけです。

もちろん、人に見られる部分の体毛が恥ずかしいという思いもありますが、毛深い自分自身が許せなくて体中の脱毛をする男性がほとんどです。

だからこそ見えない部分のVIO脱毛をするんですね。

VIO脱毛には脱毛クリームか?脱毛サロンか?

VIO脱毛を考えるときに、自分で処理するほうがいいのか、脱毛サロンで脱毛するのがいいのか迷いますよね。

自分で処理する場合は脱毛クリームがお勧めです。

脱毛クリームなら陰毛もお尻の毛も隅々まで塗ることができるので、脱毛も思いのままです。ですが、永久脱毛にはならないので処理した後には再びムダ毛が生えてきます。

脱毛サロンの脱毛の場合、一度処理すれば確実に薄くなるし、しばらく生えてくることがありません。でもお金もかかるし痛さもあるし、何より陰毛やお尻の脱毛です。ものすごく恥ずかしいですよね・・・ちょっとためらってしまいます。

どちらを選ぶか迷ってしまいますね。

最終的にはどうしたいかで脱毛方法を選ぶ

永久的なツルツル男子になりたいのか?ツルツル男性を試してみたいのか?で選ぶのが一番いいと思います。

デリケートゾーンまで脱毛する経験はほとんどの男性がないでしょうから、試しにどのような感触になるのか?痒みはないのか?など試す意味では、まずは脱毛クリームで処理するのがいいでしょう。

一度ツルツル男子を試してみて、気に入ったのであれば脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛を受けるのがいいと思います。

ツルツル男子を目指す男性はこれからも増えそうですね。

脱毛クリームや脱毛サロンも、もっともっと人気が出てくるでしょうね。

毛深い人は薄毛になるの?脱毛と薄毛の関係

脱毛をする人はほとんどが自分の毛深さで悩んでいることが多いです。

最近ではツルツル男子という言葉が出てくる通り、体のムダ毛を全くなくしてしまう脱毛も流行ってます。女性も男性もそれほど体毛が濃くない人でも脱毛します。

ところで、毛深い人はよく禿げやすい、薄毛になりやすいと言われていますが果たして本当に毛深い人は薄毛になりやすいのでしょうか?

薄毛になりやすいかもしれない・・・けど?

毛深い人は男性ホルモンが多い傾向にあります。

男性ホルモンにはテストステロンという成分があります。テストステロンは体の発毛や体毛の濃さに影響する成分で、テストステロンが多い人は女性でも男性でも毛深くなります。

ですが、このテストステロンは禿げや薄毛には関係ありません。

テストステロンが体の中にある5αリダクターゼという成分と結びつくと「ジヒドロテストステロン」という成分が発生します。このジヒドロテストステロンが髪の毛の発毛や発育を抑止してしまうので、薄毛や禿げになっていきます。

テストステロンと5αリダクターゼの結びつきやすさは遺伝的に決まっていて、生まれつき結びつきやすい人が薄毛やはげになりやすいと言われています。

つまり男性ホルモンが多くて毛深い人でも、それだけで禿げるわけではなく、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼの結びつきやすさになるので、全く別になります。

毛深くても結びつきが弱ければ禿げることはありません。逆に男性ホルモンが少なくて毛深くない人でも結びつきが強い人は禿げる傾向にあります。

薄毛や禿げの結びつきは育毛剤で防げる

薄毛や禿げの原因となるテストステロンと5αリダクターゼの結びつきは、育毛剤や育毛サプリメントで防ぐことができます。

ひと昔前までは遺伝的な禿げや薄毛は絶対に治らないと言われていましたが、今は違います。仕組みが解明されているので確実に対応することができます。

さすがに全く禿げてしまったり生えなくなってしまってからでは遅いですが、早め早めに対応すれば必ず薄毛を治すことができます。

育毛剤や育毛サプリメントには5αリダクターゼとテストステロンの結びつきを弱める働きがあります。特に育毛サプリメントは体の中から2つの成分の結びつきを弱めてくれるので、育毛剤とセットで飲むことで、発毛・育毛効果がさらに発揮されます。

育毛剤は下記のようなサイトを参考に効果のあるものを選んでください。

[参考]薄毛を治す育毛剤を紹介するサイト

毛深くても必ず薄毛になるわけじゃないし、薄毛になっても必ず治ります。試しに育毛剤や育毛サプリメントを使ってみてください。

ハイジニーナ脱毛??それってVIO脱毛のこと?

最近、脱毛エステサロンのホームページを見ていると、見慣れない言葉があります。

ハイジニーナ脱毛

ハイジ?ニーナ?・・・なんだろう、それ?

よくよく見てみると、ハイジニーナ脱毛とはVIO脱毛のことみたいです。

でも何でハイジニーナ脱毛って言うのでしょうか?

ハイジーン(hygiene)という言葉から

ハイジニーナは「ハイジーン(hygiene):衛生」という言葉からくる造語です。

アンダーヘアーを無くして衛生的(hygienic)になるところから、VIO脱毛してアンダーヘアーを無くす女性のことを「ハイジニーナ」と呼ぶようになり、VIO脱毛自体もハイジニーナ脱毛と呼ぶエステサロンが増えてきました。

VIO脱毛もハイジニーナ脱毛もそれだけだと何のことだかわからないけど、ハイジニーナの方がなんとなく女性っぽい感じもしますよね。

男性のVIO脱毛も影響している

女性のVIO脱毛がハイジニーナ脱毛と呼ばれるようになったのは、男性のVIO脱毛も影響しています。

最近は「ツルツル系男子」という言葉があるとおり、男性の脱毛、全身脱毛が急速に増えています。テレビや雑誌などでも特集が組まれるくらいの人気っぷりです。

そんな男性のVIO脱毛と区別するためにハイジニーナ脱毛という言葉が生まれたという話もあります。VIO脱毛なら男性、ハイジニーナ脱毛なら女性という分け方でしょうか。

まだVIO脱毛と言えば男性も女性も連想しますが、近い将来ハイジニーナ脱毛の方が有名になっていくのかもしれないですね。

ハイジニーナ脱毛する前に自分で試してみましょうか

エステサロンでハイジニーナ脱毛する前に自分で1回試してみたほうが良さそうです。

エステサロンのように綺麗に処理できなくても、ある程度は自分で処理できます。自分で試せます。

自分で試した時に感覚はどうなのか?下着を履いた感覚は?トイレは?夜の営みは?かぶれない?痒くならない?などいろいろと確かめておく必要はあるでしょう。

ある程度は慣れの部分もあると思うけど、脱毛してしまった後にやっぱり戻したい!と言っても手遅れの場合もあります。

まあ、1回2回の脱毛ではアンダーヘアーが完全になくなることはないから、十分判断は間に合いますけど、お金がもったいないですよね。

まずは自分でハイジニーナ脱毛を試してみる。

それで大丈夫そうなら、実際のエステサロンでハイジニーナ脱毛を受けてみるといった流れの方が失敗もなくていいかもしれませんね。